外国人技能実習制度に関するア行の用語集です。

技能実習制度用語集ア行

移籍と離脱 監理団体(協同組合等の団体)、実習実施機関(企業)のいずれか、または両方が、何らかの理由により技能実習の継続が困難となった場合で、技能実習生が技能実習を継続することを希望した場合には、入国管理局に「活動機関に関する届出」を行って許可を受ければ、技能実習生は新たな監理団体の監理又は実習実施機関の管理の元、技能実習を継続できます。

技能実習生は、旧監理団体、旧実習実施機関またはその両方から離脱し、新たな監理団体、実習実施機関またはその両方に移籍することとなります。
送出機関(おくりだしきかん) 技能実習生の母国で、海外への労働者派遣の許可を受け、技能実習生を派遣する団体・企業です。

送出し機関の行う業務は技能実習生の募集、選抜、健康診断、事前教育、出国支援、日本の受入れ機関との連絡会議、派遣企業との協議、日本滞在中の技能実習生へのケア・トラブル発生時の対応、技能実習生の帰国の受入れ等々、幅広く、多岐に及んでいます。

駐在員の日本語レベルは、その送り出し機関の日本語教育水準と直結していることがほとんどです。技能実習生の技能・技術が未熟であっても、日本語が通じれば、技能実習生への指導を通じて技能・技術を向上させることが出来ます。そのため、当組合では日本語教育水準の高い送り出し機関とのみ契約しています。

また、日本に駐在事務所を設置し、日本語の堪能な駐在員が常駐している送出し機関であれば、技能実習生とコミュニケーションを取り、トラブルを未然に防ぐことができ、万一トラブルが発生した場合でも、迅速な対応により早期解決が可能となります。
用語集目次に戻る